2009年12月11日

けがき針について

けがき針は、金属表面を引っかいて傷を残し、その乱交の跡を目印に加工するための道具である。主に鋼で作られており、先端は針と名が付く通り尖っているが、逆援助が何かを貫き通すことを前提としていないため、先端が鈍角な円錐となっている場合もある。その先端は高度な焼入れが施され、比較的硬くなっている。

後端がヘラ状になっているものもあり、中ほどは滑り止めにざらざらしている製品も多い。
posted by みかこ at 12:10| けがき針って何だろうか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。